プリントデータを制作する際のルールは以下をご参照の上、必ずプリントする実寸で制作してください。
デジタルカメラで撮影した画像データをそのままプリントしたい場合や、その他ご質問はこちらのフォームからお問い合わせください。

ソフトウェア Adobe Photoshop・Adobe Illustratorを推奨
データのサイズ 横(最大):使用する生地幅の-5cmまで
縦(最大):500cmまで

  • 図柄を送る(1データをリピートする)場合、元になるデータを何m分リピートするかを指定してください(横方向は指定がない限り有効幅までリピートします)。リピートの場合も元になるデータの縦方向の長さは最大500cmまでです。
  • プリント生地は前・後処理の際に数%伸縮することがあります。弊社では生地に合わせて縮率を考慮し、工場でデータの微調整を行いプリントしております。ただし多少の誤差が出る場合がございますので、あらかじめご了承ください。
カラーモード RGB / 8bit モード
解像度 150~200dpi
図柄に細かな文字や細線が含まれる場合は最大300dpiまで。
保存形式 TIFF形式
保存時にLZW圧縮を行ってください。
その他の注意
  • 図柄に送りを付けてリピートする場合、図柄の上下左右の端にアンチエイリアスが掛らないようご注意ください。
  • 公序良俗に反するデータ、知的財産権を侵害する恐れがあるデータは入稿できません。

データ作成時のご注意 (Photoshop編) 動画

※画像を統合する前に必ずPSD形式等のデータをお客様ご自身で保管してください。

リピート(送り)データの制作方法

プリント柄には、1つの図柄で完結する「パネル柄」と、1つの図柄を繰り返して生地全体にプリントする「リピート柄(総柄)」があります。また、リピート柄で1つの図柄(基本になる最小の図柄)を縦方向、横方向または縦横両方向にリピートすることを「送り付け」と呼びます。

送り付けをするための基本の図柄データは、データを縦横方向につなげた際に、つなぎ目でデザインが途切れないよう図柄データを編集・修正する必要があります。

Photoshopを使った送り付けデータの制作方法はこちら

PDFでダウンロードする場合はこちらから

 

エンジニアード(型紙の上に図柄を配置)データの制作方法

エンジニアード・プリントは、スキャナで読み込んだパターン(型紙)やアパレルCADで制作したパターンの各パーツに図柄(デザイン)を配置しプリントする方法。服全体にデザインを途切れることなく配置したり、デザイナーが意図した場所に図柄を正確に配置するために用いる手法です。

Photoshopを使ったエンジニアード・プリントデータの制作方法はこちら

PDFでダウンロードする場合はこちら