Loading

データ作成方法

プリントデータはお客さまご自身で作成していただく必要があります。

プリントできるデータには決まった形式があります。下記の一覧表をご覧いただき、形式に沿ったデータを作成してください。

データ形式

ソフトウェア

Adobe Photoshop・Adobe Illustratorを推奨

カラーモード

RGB / 8bit モード

解像度

150~200dpi。図柄に細かな文字や細線が含まれる場合は最大300dpiまで。

保存形式

TIFF形式。保存時にLZW圧縮を行ってください。
※TIFF形式の保存方法は、ブログ内で解説しております。

データのサイズ

o    プリントデータは、プリントするサイズの実寸で作成してください。

o    プリントできるデータの最大サイズは以下の通りです。
横:使用する生地の幅の-5㎝まで(左右の生地端に必ず2.5㎝ずつ余白が入るため)
縦:パネル/5m程度まで、リピート/20m程度まで(20m以上は応相談)

o    データには、パネルデータとリピートデータの2種類があります。
【パネルデータ】データサイズのまま、1枚の生地としてプリントするデータ。
【リピートデータ】データを繰り返してプリントすることで、1枚の生地になるデータ。

パネル_リピートの違い

※イメージのため、実際の比率とは異なります。

o  データを繰り返しプリントする(リピートする)場合、何m分リピートするか指定してください。
※プリント生地は、処理過程で数%伸縮することがあります。生地に合わせて縮率を考慮し、データの微調整を行っておりますが、若干の誤差は生じる恐れがあります。

リピートデータの作成方法

生地にプリントする柄には、1枚の生地に1つの図柄をプリントする「パネル柄」と、1枚の生地内に図柄を繰り返してプリントする「リピート柄(総柄)」があります。

リピートする画像データは、データを縦横方向に繰り返しつなげた際に、つなぎ目でデザインが途切れないよう図柄データを編集・修正する必要があります。

Photoshopを使った送り付けデータの作成方法はこちら(PDF)

エンジニアードデータの作成方法

エンジニアード・プリントは、スキャナで読み込んだパターン(型紙)やアパレルCADで作成したパターンの各パーツに、図柄(デザイン)を配置してプリントする方法です。

服全体にデザインを途切れることなく配置したり、デザイナーが意図した場所に図柄を正確に配置するために用いる手法です。

Photoshopを使ったエンジニアード・プリントデータの作成方法はこちら(PDF)

PAGE TOP