Loading

私たちについて

ベビーロック・プリンティングは、株式会社ベビーロックが提供しています

上部バナー

株式会社ベビーロックは、1965年の創業以来、ミシンを中心としたものづくり機器とサービスを提供してきました。

とりわけ、1968年に発売した世界初の家庭用小型ロックミシン「ベビーロック(baby lock)」は、世界中のクリエイターやソーイング愛好家のものづくりに活用され、発売からの総出荷台数は250万台を超えています。

ベビーロックは、4つの品質へのこだわりを大切にしています

ベビーロックには4つの「品質」へのこだわりがあります。

ミシン工場

 

縫い目の美しさや耐久性、故障の少なさなど、ミシンに求められる「基本品質」の水準が高いこと。

ミシンをもっとラクに、楽しく使える、そしてもっとスゴイものがつくれる機能を開発し、「魅力的品質」を高めること。

日本で生産され、世界中で愛用されているベビーロックに期待される、「日本品質」への信頼を裏切らないこと。

そして、ユーザーがベビーロックを存分に活用し、ものづくりを楽しむことができる「サービス品質」の水準が高いこと。

 

これらの一つひとつにこだわり、真摯に向きあってきたことが、ベビーロックが世界中で受け入れられている理由の一つであると自負しています。

 

品質に対するこだわりは、ベビーロック・プリンティングにも引き継がれています

ベビーロック・プリンティングは、「オリジナルのプリント生地をつくりたい」というニーズに応えるため、2013年から株式会社ベビーロックが提供しているサービスです。

ベビーロックのミシン同様、ベビーロック・プリンティングでも品質へのこだわりを大切にしています。

洗い

一つは、プリントそのものの品質が高いこと。

ベビーロック・プリンティングが採用する染料によるダイレクト・プリントは、顔料プリントや転写プリントなどの他のデジタル・テキスタイルプリント手法と比べて、プリント後の蒸熱や水洗などに手間がかかる反面、発色の良さ、プリントの精細さ、生地の風合い、堅牢度(色落ちなどに対する強さ)などにすぐれた手法です。

着物捺染

この品質がプロのクリエイターに評価され、プリントした生地の製品化においても、ミドルレンジ以上の商品としての販売を可能にしているのです。

もう一つは、クリエイターのイメージを生地に再現していく、クリエイティブ面での品質が高いこと。

ベビーロック・プリンティングでのプリント生地づくりは、クリエイターとの共同作業です。クリエイターがどんな生地を求めているのか、どうすればイメージした色や柄が出せるのか、そのためにプリントデータをどうつくり込めば良いか等、クリエイターとの相互コミュニケーションを欠かさず、クリエイティブ面でも品質の高いプリント生地をつくるため手間を惜しみません。

ベビーロックの品質に対するこだわりは、ベビーロック・プリンティングにも引き継がれています。

 

PAGE TOP