ブログ

バルキー押えを活用した縫い方

こんにちは!ソーイングアドバイザーの太田です。
先日、東京ビッグサイトで開催された「ホビーショー2019」にベビーロックも出展いたしました。

ホビーショー

ベビーロックのブースにもたくさんのお客様にお立ち寄りいただき、ありがとうございました。
ブース内では、maffonのリバーシブルジャガード生地をつかった「こどもプルオーバー」のワークショップを開催しました。

IMG_2932

maffonの両面使える生地で、袖や裾の色を変えて仕上げていたお客様がとても多かったのが印象的でした。
ロックミシンを初めてお使いになられたお客様も、60分であっという間に完成されたことに驚いていましたよ。
こちらの「こどもプルオーバー」のつくりかたレシピと型紙は5月末に公開予定です。
ベビーロックの「作品レシピ・型紙ページ」でダウンロードしていただけますので、皆様ぜひチェックしてみてくださいね♪

今回の「こどもプルオーバー」のワークショップでも大活躍したのが「バルキー押え」です。
ニットの既製服は肩の縫い目に「ウーリースピンテープ(伸び止めテープ)」を必ず使用します。
なんと!ベビーロックのロックミシンは肩を縫いながら、縫い目の中に伸び止めのテープを入れることができるんですよ。

IMG_2935

伸びやすい肩部分に伸び止めのテープを入れることによって補強にもなり、洗濯で生地が伸びるのを防いでくれます。
今回は伸び止めテープも入れながら肩縫いができる便利な「バルキー押え」について、少しだけご紹介をします。

バルキー押えとは?
皆さん、バルキー押えは使ったことはありますか?
バルキー押えはベビーロックの4本糸ロックミシンに付属されています。(※一部商品を除く)
はじめにミシン本体にセットされている押えは「標準押え」です。
「バルキー押え」はアクセサリーボックス内に入っています。
アクセサリーボックスには「針」「ドライバー」「ピンセット」なども一緒に袋の中に入っていますのでご確認ください。

標準押えとバルキー押えの違い
左が「標準押え」、右が「バルキー押え」です。

IMG_2934
「標準押え」と「バルキー押え」の底の部分に注目をしてください。
バルキー押えの底部分には小さな溝があり、この溝は生地をため込む役割があります。
ロックミシンの差動の「縮み縫い」を効果的に発揮してくれる大事な溝なのです!
また、ニットやストレッチの生地を使って作品をつくる際には差動を利用して縫うケースが多いため「バルキー押え」を使うことが望ましいです。

ウーリースピンテープのセットの仕方
「バルキー押え」について今回の記事の内容が動画にまとめてあります。
ウーリースピンテープのセットの仕方も紹介していますのでニットのお洋服を縫われる際にはぜひ肩の縫い合わせに活用してくださいね。

動画内でも紹介をしていますが、「バルキー押え」をセットして4本糸ロックの設定で「差動レバーを2.0」「送り目ダイヤルを3~4」にして縫うとギャザーをたくさん寄せることができます。
便利なバルキー押えを活用してロックミシンソーイングをお楽しみいただければ幸いです。

 

ページ上部へ戻る