Loading

データ作成時のご注意

データ作成について

※データ作成の注意事項に関しては、指定生地・持込生地共通になっております。

完全データをお送りください

プリントデータは、完全データをお送りください。
修正や再配置が必要なデータは受付できません。
※お申込みデータに不備がある場合は、修正されるかどうか連絡いたします。
※データ修正や配置は、一部有料対応も行っております。修正や配置、その他のデータについて、事前にご相談されたい場合は、お申込み前にお問い合わせフォームからご相談ください。

データ形式の制限

ベビーロック・プリンティングでプリントできるデータは、形式に制限があります。
下記の形式に適合しないデータは受付できませんので、ご注意ください。

  • RGBモード(CMYKモードは受付不可。CMYKモードでデータ作成した場合も、RGBに変換してお送りください)
    ※RGBの方が表現できる色の領域が広いため、弊社のプリンターは、RGB対応させております。
  • TIFF形式で保存されたデータ(JPG、JPEG、PNG、PSD、AI等の、TIFF以外のデータは受付不可)
    ※保存時にLZWの項目にチェックを入れてください。
  • 解像度150~200dpi(相当細かい柄でも200dpiで十分表現可能です。高解像度過ぎるデータはプリンターの動作に影響があるため受付不可)
  • 縦の長さ最大5m以下
  • データの横幅サイズは、使用される各生地のプリント可能幅まで
  • レイヤーを一枚に結合したデータ(レイヤーが複数枚に分かれたデータはプリンター動作に影響があるため受付不可)
    ※なお、illustratorで書き出し後にPhotoshopで『背景に統合』をしていただけると、データが軽くなり助かります。

TIFFへの書き出し方法等は、Illustratorでのデータ作成方法 (クリックでPDFを表示)にてご覧ください。
※レイヤーの結合などは、PCでデータ制作する上で一般的な知識です。
多くのWebページでノウハウ等が共有されていますので、ご不明な場合も、一度お調べいただくことをおすすめいたします。

データ名の付け方

データ名は、半角英数字で『日付_お名前_データ名』の順番でつけてください(例:20220701_TnakaHanako_date1.tif )。
※『date』や『test』や数字のみといった、誰でもつける可能性のあるデータ名は、他のお客様のデータと混同の恐れがあります。万一の混同を避けるため、上記形式のデータ名をつけてください。

以前プリントしたデータを再度プリントされる場合(弊社ではデータ保存しておりません)

弊社ではデータ保存サービスは行っておりません。そのため、「~月~日にプリントしたデータを再プリントしてください」といった要望には対応いたしかねます。以前プリント履歴のあるデータを再プリントされたい場合も、お客様ご自身で保存されているデータを添付の上、フォームの連絡欄に「~月~日と同データ。再プリント希望」のように記入いただき、ご要望をお伝えください。

プリントできる生地のサイズ

プリンターに設置できる生地は、横幅132cmまでを並幅、横幅160cmまでを広幅として受付可能です。160cm以上は、幅のカットが必要です。
並幅は通常料金、広幅は30%の割増料金になります。
生地の縦の長さに制限はありません。

※各指定生地のサイズは、指定生地お申込みページに表記があります。

プリントデータのサイズ制限

データの横幅は、生地幅マイナス5cmが最大です(例:生地幅110cm=最大プリント幅105cm)。
1データの縦の長さは最大5mまで。それ以上はプリンターの動きが鈍くなり、柄のズレなどが起こる可能性が高まります。
5m以上の柄をプリントしたい場合は、分割したデータを送付してください。分割データをつなげてプリントすることはできます。

パネルデータとリピートデータについて

・パネルデータについて

1枚で図柄として成立するデータ。複数枚プリントする場合、1枚1枚の間にわずかなすき間(1mm以上)が空きます。
異なる柄のパネルデータを複数枚プリントする場合、柄の境目で生地をカットしてお送りします。同柄の場合はすき間が空きますが、カットせずつなげてお送りします。
1枚のデータの長さ制限は、最大5mです。
※【トンボについて】
データ端に余白や白い部分のあるパネルデータは、生地の色がそのまま反映されます(染色されません)。
裁断等の目安として、データ端にトンボ(トリムマーク)をつけてプリントできますので、必要な場合は連絡欄でご指示ください。
指示のない場合は、トンボはつきません。

・リピートデータについて

繰り返しつなげてプリントするデータ。任意のサイズ(横×縦、テストプリントの場合は縦1mまで)にすき間なく繰り返しプリントします。
元になるデータの長さが5m以下であれば、リピートする長さの制限はありません。

データの著作権について

オリジナルデータをプリントできます。著作権がお客様ご自身や関係者、ご依頼主様にあるか、著作権フリーのデータ以外はプリントできません。

以上の注意事項から外れたデータは、受付不可や入稿遅れの場合があります

上記のルールは、作業効率化とともに、プリンターを正常に作動させるために必要な形式でもあります。
例えば重すぎる(高解像度すぎる/レイヤーが統合されていない/メートル数が長すぎる)データは、プリンターが印刷中に止まり、柄が途切れたりずれる原因になります。
そのためプリント前のチェックで、形式外のデータは修正いただくか受付をお断りしております。

データに不備がある場合はプリントを進めません

送付いただいたデータは必ずチェックしております。
不備があった場合、プリントを進める前にお客様に連絡の上、修正等の相談をいたします。
※非常に細かいリピート時の柄のズレなど、チェックしきれない不備については見落としの恐れがあります。
お客様ご自身でも、入念にデータチェックしていただくことをおすすめいたします。

PAGE TOP