Loading

お問い合わせ・よくあるご質問

よくあるご質問はこちら

■今回のお問い合わせ内容(必須・複数選択可)



■お名前(必須)

■メールアドレス(必須)

■学校/会社名/ブランド名など(任意)

■発送先ご住所・電話番号(指定生地サンプル請求の方は必須)

-

住所

電話番号 - -

■ご質問・ご相談事項

お見積もり依頼の方は、下記をご記入ください。

■プリントを希望する生地(お見積もり依頼の方は必須)

・指定生地(弊社があらかじめ用意している生地)

※指定生地の種類については、指定生地一覧をご覧ください。

・持込生地(お客様が用意される生地)

※持込生地の最大生地幅は160cmです。
※持込生地でのお見積金額は概算です。実際にご発注いただく場合は、詳細の条件を確認の上で改めてお見積りいたします。

■プリント量

プリントするm数 m

■プリント生地の主な用途(任意)

■HPやSNS、販売サイトなど(任意)

※クリエイター・法人等のお客様は、商品等の販売サイトをお知らせください。


よくあるご質問

※緑の項目クリックで、項目の回答一覧にジャンプします。

生地やプリント可否について

■プリント可能な素材の一覧はありますか?

プリントできる素材の一覧は以下です。
・植物繊維
綿/麻
・動物繊維
ウール(毛)/シルク(絹)
・指定外繊維
テンセル(リヨセル)/モダール
・再生繊維
レーヨン/キュプラ
・化学繊維
ポリエステル

■持込生地はどんな生地でも持込できますか?

・持込生地は、プリント可能な生地の「染色用下晒生地(P下生地)」を原則とします。弊社指定生地は、すべて染色用下晒生地です。
(※ 染色用下晒生地は、十分に精錬し、不純物を取り除いた生地のこと)
・プリントできる素材でも、染色用下晒以外の生地は、思わぬトラブルが起こる可能性があります。そのため、原則テストプリントしていただきます。テストなしの染色用下晒以外の持込生地で発生した染難は、原則として免責の対象とさせていただきます。
・お客さまご自身で染色用下晒生地を用意できない場合は、種類によりますが、弊社を通じて購入できます。詳しくはお問い合わせください。

■プリントできない素材の基本的な条件を教えてください。(素材名や加工名など)

・ナイロン素材等、弊社のプリンターで使用している染料では染色できない生地。・撥水加工等の加工をしている生地。・濃色の先染生地。・厚手の生地(3mm以上)

■上手くプリントできない可能性のある生地はありますか?(混紡、染色済み、伸縮生地、織柄入りの生地、など)

・精錬が不足している生地は、油分など、不純物が付着しているなどの理由で染難が発生しやすくなります。「染色用下晒生地(P下生地)」の使用を推奨します。

・混紡素材(例:綿/ポリエステル等)は、混紡率によって色が薄くなる可能性があります。

・濃色の先染め生地はプリントしても色が出ません。淡色の先染め生地の場合も色が変化します。

・伸縮度が高い生地でも、特に縦(長手)方向の伸縮度が高い生地は、プリンターの特性上、うまくプリントができないことがあります。

・厚手の生地はプリントヘッドと生地が干渉し、染難が発生しやすくなります。

・起毛生地は、厚手生地と同様、プリントヘッドと生地が干渉し、染難が発生しやすくなります。

■生地の特定品番をお伝えすればプリントの可否はわかりますか?

・品番だけではプリントの可否は判断できません。素材名(例:綿、ポリエステル等。混紡生地の場合は混率)、規格(生地幅、長さ等)、加工の有無等の情報が必要です。

■プリントは生地の裏に透けますか? また、指定生地で透ける生地はありますか?

・インクジェット捺染でのプリントは、薄い生地の場合は裏抜け(生地の裏側までインクが浸透)することがありますが、通常の生地で裏抜けすることはありません。

■Tシャツ等の製品にプリントできますか?

・Tシャツ等の製品にはプリントできません。平面な生地のみにプリント可能です。

■布に両面プリントは出来ますか?

・両面プリントはできません。

■プリントで再現できない色はありますか?

・8色のインク(シアン、M-マゼンタ、イエロー、ブラック、オレンジ、ブルー、マゼンタ、L-ブラック)を使用し、フルカラープリントが可能ですが、金色、銀色、メタリック色ならびに蛍光色は、インクジェット捺染では再現できません。

■白いインクでプリントすることは可能ですか?

・できません。白くしたい部分は生地色の白を生かすようにデータを作成してください。

■色数の制限はありますか?また、使用する色数が増えると価格は上がりますか?

・色数の制限はありません。フルカラープリントでも1色でもプリント料金は同じです。

プリントデータについて

■色合わせはどのようにすれば良いですか?

・プリントデータがベクター画像で指定生地の場合は、生地種毎に用意しているカラーマップ(別売)を参考に、RGB値を合わせる方法があります。

・プリントデータがラスター画像(写真やスキャンしたデータ)の場合は全体の彩度や明度を少しずつ変えた画像の一部(色にこだわりたい部分)を並べてテストプリント後、一番イメージに近いデータをプリントしてください。

■プリントデータの作成を依頼することはできますか?

・基本的にプリントデータはお客様ご自身で作成していただいております。また、入稿時のデータチェックの結果、修正等の必要が生じた場合も、トラブルを防ぐため、すべてお客様に修正をお願いしています。

■手書きの絵や、アンティークの生地、ドレス、着物等の柄をプリントできますか?

・素材をスキャナーやカメラでデータ化し、フォトショップ等のソフトで編集、加工してプリントデータにする方法があります。A4のスキャナーでスキャンしたデータを実寸に拡大する場合、スキャン時の解像度によっては、画質が劣化しますので以下を参考にしてください。

■黒は濃く染まりますか?

・黒は本来、真っ黒に染まりますが、染色用下晒生地(P下)以外の生地を使用すると、インクをはじいて色味が薄くなったり、ムラになることがあります。綿/ポリエステルなどの混紡素材も色が薄くなります。また、IllustratorのカラーモードCMYKで作成したK:100の黒を、カラーモードがRGBのTIFF形式に書き出した場合、Illustratorの環境設定によってはRGB値が「0.0.0」に変換されないことがあります。黒のプリントを希望される場合は、必ずRGB値を「0.0.0」に設定してください。

プリント布を使った制作物について

■プリントした柄には歪みは発生しますか?正方形のハンカチやタペストリーとして広げた際に歪みがないようにプリントできますか?

・生地およびプリンターの特性上、歪みが発生することがあり、完全に防止することはできません。プリントの後処理工程(蒸熱、洗い等)で発生した歪みは、生地の歪んだ方向の反対方向に引きながら整えることで元に戻すことができます。

■指定生地の各生地で制作に向く具体的なアイテムはなんでしょうか?(天竺ならTシャツ、など)

・各指定生地の特徴と、よく利用される作品例は以下の表の通りです。素材感が心配な方は、生地サンプルで素材感を確認の上、ご使用ください。

・生地は洗濯後に2〜3%程度縮むことがあります。特に綿や麻の生地を衣料として利用する場合は、予め水通ししてから裁断、縫製してください。

■スカーフ(スカーフやその他の製品)を作りたいのですが、小ロットでプリント、裁断、縫製しての納品は可能ですか?

・弊社での縫製サービスは提供しておりませんが、製品によっては縫製事業者を紹介できる場合があります。事前にご相談ください。

■指定生地の各生地で制作に向く具体的なアイテムはなんでしょうか?(天竺ならTシャツ、など)

・各指定生地の特徴と、よく利用される作品例は以下の表の通りです。素材感が心配な方は、生地サンプルで素材感を確認の上、ご使用ください。(※生地は洗濯後に2〜3%程度縮むことがあります。特に綿や麻の生地を衣料として利用する場合は、予め水通ししてから裁断、縫製してください)

生地名 生地の特徴 向いている制作物
綿 10/8 オックス 厚手、硬め。ベーシックな平織り生地。帆布に似る。 3オックスフォードシャツ/ライトアウター/トートバッグ/資材
50 コーマブロード やや薄手、柔らかすぎず、硬すぎず。糸ムラ少なく微光沢、高級感あり ライトアウター/シャツやブラウス/ワンピース/スカート/カーテンやクロス
60S コーマローン やや薄地、柔らかすぎず、硬すぎず。糸ムラ少なく微光沢、高級感あり ライトアウター/シャツやブラウス/ワンピース/スカート/カーテンやクロス
30 コーマバーバリー 中厚地、柔らかすぎず、硬すぎず。糸ムラが少なく、微光沢あるが丈夫。 シャツ/パンツ/スカート/雑貨・小物
40S ブロード やや薄手、やや柔らかめ。薄手ながら透け感はなく、マットなハリ。 トップス/ワンピース/スカート/衣類副資材
20S シーチング やや薄手、柔らかすぎず硬すぎず。ざっくりした手触りに、ハリもある。 衣服よりは、シーツやカバー類、インテリアに向く。
30 天竺 やや薄手、やや柔らかめ。手触り良く、肌に優しい素朴な風合い。 Tシャツなどのトップスやリラックスしたワンピース/子供服
生地名 生地の特徴 向いている制作物
ポリエステル デシン(平織)
宇仁繊維・小紋工房
KK3600
細い糸で薄手に織った平織り生地。ドレープが美しく、服にすると身体のラインに沿って落ちる。 ブラウス/スカーフ/ワンピース、など
サテン
立林商事
KG8500
光沢感が強い中厚手の綾織り生地。高級感があり、プリント後も光沢が失われない。 ブラウス/スカート/ワンピース/ドレス/裏地、など
グログラン
宇仁繊維・小紋工房
KK8711-58
高密度に織られた厚手の生地。横畝が特徴的で、肉感やハリに優れながら、軽い。 コート/ジャケット/スカート/ワンピース/パンツなど
タフタ
立林商事
KG3210
ハリのある中厚手の平織り生地。丈夫で機能性アウターなどによく用いられる。 アウター/スカート/パンツ/エコバッグなど
ちりめん
宇仁繊維・小紋工房
KK3338
表面のしぼ(凹凸)が和の風合いをイメージさせる。 着物/和小物など
セオα(強撚ブッチャー)
東レK7567HM
表面のしぼ(凹凸)が和の風合いをイメージさせる。 着物/和小物など

堅牢度や洗濯表示について

■堅牢度はどうなっていますか?推奨している品質・洗濯表示はありますか?

・綿、麻、ポリエステル、ウールのいずれも、湿摩擦、乾摩擦、汗堅牢度が4~5級、耐光堅牢度が3~4級です。販売する製品に使用いただいて問題ありません。

・洗濯表示は以下の表示をお願いします。
品質表示

■生地は洗濯等で縮みますか?

・生地の特性により洗濯後に3%程度縮むことがあります。また、綿や麻のプリント生地を「衣料」として使用する場合は、裁断前に水通しをしておくと、洗濯時の大幅な縮みを防ぐことができます。

着物のプリントについて

■オリジナル柄着物を制作したいです。推奨生地、データ入稿方法、用尺、料金などをお知らせください。

・素材は、浴衣は綿またはポリエステル、通常の着物は正絹またはポリエステルを使用することが多いです。
生地は小幅生地(38~40cm程度の幅)にプリントする方法、広幅生地(110~130cm程度)に3本分(小幅3反分)を並べてプリントする方法があります。また、イラストレータ等のソフトを十分に使いこなせる方は、広幅生地に着物の各パーツの形をそのままプリントする方法もあります。この方法は絵羽柄の着物の製作がよりカンタンにできる方法です。
用尺は小幅、広幅いずれの場合も、1着分は訪問着や浴衣で12~13m(3丈)、振袖で16~17m程度(4丈)になります。広幅生地に着物の各パーツの形をそのままプリントする場合は約5mで着分のプリントが可能です。

■プリントできる幅は一般的な反物と同様ですか?

・小幅反物38cm程度から最大160cm幅の生地までプリント可能です。

PAGE TOP