基本のTシャツ

定番のTシャツです。よく伸びてもどりの良い綿フライスニットでつくりました。
衿はリブ仕上げ、袖口と裾はカバーステッチ仕上げで既製品と同じように仕上げます。袖丈は伸ばして7分袖や長袖にもアレンジできます。

作品レシピ・型紙ダウンロード

材料

01_01

用尺(半袖):
ニット生地150cm幅以上O.7m / 150cm幅未満1m


裁断図

01_0201_03


 

作り方

【肩の縫い合わせ】

1.肩線で前身頃と後身頃を中表に合わせ、クリップでとめます。バルキー押えを用意し、ウーリースピンテープを通してミシンに取り付けます。前身頃を上にして左肩から縫い合わせます。左肩が縫えたら糸を切らずにウーリースピンテープだけを5cmくらい縫って右肩も続けて縫います。
2.ハサミで肩の間の空環とウーリースピンテープを切ります。縫い代は後身頃側に倒します。

02_04

【袖を付ける】

1.袖と身頃を中表に合わせ、クリップでとめます。
2.差動を【1.3または1.5】にし、袖を上にして縫い合わせます。

02_05 02_06

【袖口の始末】

※初心者・長袖の袖口の場合
1.袖口を縫い代分2.5cmアイロンで折り上げます。
2.ふらっとろっくで表を上にして力バーステッチをかけます。

02_07 02_08

※ふらっとろっくに慣れている方はアイロンで縫い代を折り上げてから、【袖下と脇の縫い合わせ】をします。
その後、【裾の始末】と同じように袖口に力バーステッチをかけます。

【袖下と脇の縫い合わせ】

1.袖下と脇下を中表に合わせ、クリップでとめます。前身頃を上にして縫い合わせます。脇の縫い代は互い違いに倒します。

02_09 02_10

【リブを作る】

1.衿リブを中表に合わせ、輪に縫い合わせます。
2.二つ折りにします。縫い代は図のように互い違いに倒します。

02_11 02_12

【リブを縫い付ける】

1.身頃の左肩線から1.5cmうしろを基準に衿ぐりを4等分して印をつけます。
2.衿ぐりに衿リブを入れます。リブの縫い目は身頃の左肩線うしろの印に合わせます。
3.リブの合印を身頃の印に合わせてクリップでとめます。
4.それぞれの間もクリップでとめます。このときリブのほうが寸法が短いので身頃の余り分量を同じ位にしてとめます。

02_13

02_14

02_15 02_16

02_17

5.差動を【1.3または1.5】にし、リブを上にしてリブの縫い目の2cm奥から斜めに生地を入れて縫い始め、衿リブを少し伸ばして衿ぐりの長さに合わせながら1周縫います。
6.縫い終わりは縫い始めの空環をカットしたらメスをロックして縫い目を2–3cm重ねて縫います。押えの先を少し上げ、生地を左に90度よけます。空環を作り、糸を切ります。

02_1802_19

【裾の始末】

1.裾を縫い代分2.5cmアイロンで折り上げます。
2.ふらっとろっくで表を上にして力バーステッチをかけます。1周縫い終わったら縫い始めと3~4cm重ねて縫ってから糸を切ります。

02_20 02_21

〈アレンジ例〉

袖を長袖(型紙あり)、7分袖にアレンジ可能。
裾を伸ばしてチュニックやワンピースにもできます。


作品の型紙・作り方レシピの販売・転載、ならびにこれらを用いた完成品の販売を禁じます。
型紙の内容の不具合について保証は致しかねます。ご了承ください。

A1サイズをプリントする場合、以下の印刷サービスを利用すると便利です。

 

※上記はベビーロックとは別会社のサービスです。
型紙の内容についての質問や、データ上の不具合についての補償等はできません。

ページ上部へ戻る