ウェーブコサージュ

ボリューム感のあるジョーゼットでつくったコサージュ。
バイアスに切った生地端に、テグス押え(ゴム押え兼用)でテグスを入れながら巻きウェーブロックをかければ布端にハリが出ます。形状記憶のテグスなら好きな形に調整することも。
ルーパー糸にラメ糸を使うとよりエレガントな印象に。また、レースやリボンなどをつけてアレンジもできます。

作品レシピ・型紙ダウンロード

材料

wave_corsage02

(単位cm)

生地(レース地、オーガンジー、ジョーゼットなど)15×80cm 1枚

造花ピン1個

フリーウェ~ブ(テグス)

レースやレース生地など


1.ゴム押えにフリーウェ~ブを通してからミシンにセットし、フリーウェ~ブを縫い込みながら両端に ウェーブの巻きロックをかける。
このとき、空環(フリーウェ~ブ)を15~20cmほど残しておく。 縫い終わったら縫い目を真ん中から端に向かってしごいてフリル状にする。

wave_corsage03

2.押えを標準押えに戻し、ロックをかけていない端を外表で縫い合わせる。

wave_corsage04

3.2.のだいたい中心を粗く波縫いし、糸を引いてギャザーを寄せる。

wave_corsage05 wave_corsage06

4.片側の生地をめくり、もう片側のギャザーを包むようにして花の形をつくり、形を整えてから花の裏側をくくる。造花ピンを縫い付けて出来上がり。

wave_corsage07 wave_corsage08

wave_corsage09 wave_corsage10

ページ上部へ戻る