ギャザーチュニック

ビンテージ加工の天竺ニットでつくったギャザーチュニック。
スカート部分はセパレート押えを使ってギャザーを寄せながら縫い合わせています。衿ぐりは見返しにしてすっきり仕立てました。

作品レシピ・型紙ダウンロード

材料

05_01

用尺:ニット生地 140cm 幅以上1.5m

裁断図

05_02 05_03

05_04


 

作り方

【肩の縫い合わせ】

1.肩線で前身頃と後身頃を中表に合わせ、クリップでとめます。バルキー押えを用意し、ウーリースピンテープを通してミシンに取り付けます。前身頃を上にして左肩から縫い合わせます。左肩が縫えたら糸を切らずにウーリースピンテープだけを5cmくらい縫って右肩も続けて縫います。
2.ハサミで肩の間の空環とウーリースピンテープを切ります。縫い代は後身頃側に倒します。

05_05 05_06

【ポケットを作り、付ける】

1.ポケット口を2cm 折り、カバーステッチをかける。
2.残りの縫い代をアイロンで折る。
3.チェーンステッチで前身頃に付ける。

05_07 05_08 05_09

【見返しを付ける】

1.見返しの肩線を中表に合わせ、縫い合わせる。縫い代は前身頃側に倒す。
2.見返しの端をかがる。
3.身頃と見返しを中表に合わせ、縫い合わせる。
4.表に返し、見返しを1mm控えてアイロンをかける。
5.端から7mmのところに押さえミシン(チェーンステッチまたは直線ミシン※ニット用の針と糸を使用)をかける。

05_10 05_11 05_12 05_13 05_14

【袖口の始末】

1.袖口を縫い代分2.5cmアイロンで折り上げる。
2.カバーステッチを表側からかける。

05_15

【見頃とスカートを縫い合わせる】

1.セパレート押えをミシンにセットしてスカート部分にギャザーを寄せながら縫い合わせる。
[ミシン設定 かがり幅:7.5 送り目:3~4 差動:2]
2.身頃からはみ出たスカート部分をカットする。

05_16 05_17

【脇の縫い合わせ】

1.脇を中表に合わせ、縫い合わせる。

05_18

【裾の始末】

1.裾を縫い代分2.5cmアイロンで折り上げる。
2.カバーステッチを表側からかける。

05_19 05_20

<アレンジ例>

カバーステッチミシンをお持ちでない方は袖口と裾を直線ミシン、ニット用裾まつり押え、ウェーブロックなどで始末しましょう。袖口はリブ仕上げでも作れます。(型紙あり)
お持ちの方は襟ぐりを四つ折バインダーで処理するとかんたんです。


作品の型紙・作り方レシピの販売・転載、ならびにこれらを用いた完成品の販売を禁じます。
型紙の内容の不具合について保証は致しかねます。ご了承ください。

A1サイズをプリントする場合、以下の印刷サービスを利用すると便利です。

 

※上記はベビーロックとは別会社のサービスです。
型紙の内容についての質問や、データ上の不具合についての補償等はできません。

ページ上部へ戻る