レギンス

綿レーヨンのフライスニットでつくったレギンス。レーヨン混のニットはやわらかく肌触りがいいので、履き心地がとても良く仕上がります。
裾はカバーステッチ仕上げかリブ仕上げが選べ、リブ仕上げなら4本糸ロックミシンだけで縫い上がります。自分の好きな丈にアレンジも可能です。

作品レシピ・型紙ダウンロード

材料

03_01

用尺:ニット生地 100cm 幅以上 1.2m 100cm 幅未満 2.2m

裁断図

03_02 03_03


 

1.パンツを中表に折り、股下を縫い合わせます。もう1枚も同じように縫い合わせます。
03_04 03_05 03_06 03_07

2.1枚だけ表に返し、もう1枚の中に入れて股ぐりをクリップで留めます。バルキー押えを使い、ウーリースピンテープを入れながら縫い合わせます。

03_08 03_09 03_10

3.ウエストリブを中表に合わせ、輸になるように縫い合わせて半分に折ります。縫い代は互い違いに倒します。
裾リブも同じように縫って半分に折ります。

03_11 03_12 03_13

4.ウエストゴムを1.5cm重ねて輸にして、手または直線ミシンで縫いとめます。

03_14

ウエストゴムの出来上がりサイズ
S:59cm M:63cm L:67cm LL:72cm 長さは好みで調節して下さい

5.3のウエストリブの中に4のゴムを挟み込みながらパンツのウ工スト部分にクリップで留めます。リブの
縫い目と後中心線を合わせます。前中心・脇もそれぞれノッチ(合印)を合わせます。

03_15 03_16

6.差動を【1.3-1.8】(※)にし、ウエストリブを上にして1周縫い合わせます。ゴムを縫い込まないように気をつけましょう。縫い終わりは2~3cm重ねます。

03_17 03_18

裾がリブ仕上げの場合

7.裾リブをウエストリブと同じように裾にクリップで留めます。リブの縫い目は股下の縫い目と合わせます。
差動を【1.3-1.8】(※)にし、裾リブを上にして縫い合わせます。

03_19

裾がカパーステッチ仕上げの場合

7.裾を折りあげ、表側を上にしてカバーステッチで縫います。

03_20

 

〈アレンジ例〉

・裾を短くして、7分丈にしたり、裾を伸ばして12分丈にする。
・裾にストレッチレースを縫い付ける。
・裾を屏風たたみ縫いやニット用裾まつり押え、直線ミシンで仕上げる。


作品の型紙・作り方レシピの販売・転載、ならびにこれらを用いた完成品の販売を禁じます。
型紙の内容の不具合について保証は致しかねます。ご了承ください。

A1サイズをプリントする場合、以下の印刷サービスを利用すると便利です。

 

※上記はベビーロックとは別会社のサービスです。
型紙の内容についての質問や、データ上の不具合についての補償等はできません。

ページ上部へ戻る