Loading

BLOG

『ロックミシンで作るペット写真のオーダーグッズ』/クッションカバー作りのコツ

クッションアイキャッチ1

 

「ロックミシンで作るクッションカバー」の作り方

ベビーロック・プリンティングがお送りする、「ロックミシンで作るペット写真のオーダーメイドグッズ」企画。

このページでは、クッションカバーの作り方について解説します。

繰り返し洗濯しても色落ちしにくいプリントを、丈夫な綿オックスにプリントしてあるクッションカバー

可愛いペットの写真入りだから、長く大切にしてください。

①カットは大きめのスペースで

企画に応募して生地が届いたら、まずはカット。

プリント生地を余白から切り出す際は、なるべく真っすぐを意識してカットしましょう。

全体を広げたままカットしていくことで、真っすぐ切りやすくなります。

オックスは生地が硬いので、定規を当てればかなりカットしやすくなります。

クッションカット後

②まずは短辺からロックミシンをかけていく

クッションカバーは、まず両端の短辺から端を処理していきます。
クッション端縫い

クッション端合わせ

③たたみ合わせて長辺を縫っていく

たたみ合わせて、裏返しの袋状になるように長辺にロックミシンをかけていきます。

折り込む場所には、チャコペン等で合印を付けましょう。畳み方がずれると、柄が真ん中に合わなくて悲しい感じになってしまいます。合印の位置は慎重に確認してください。

折り込む場所が決まったら、ずれないようにクリップや待ち針で留めます。

畳んだ状態で、柄が真ん中に合っているか、中身をめくりながら確認しましょう。

クッションクリップ

また、留めた状態で、一片の長さが45㎝になっているか確認しましょう。

④上下の辺にロックをかけ、裏返せば完成

上下の辺も端を縫います。クッション縫い終わり裏返し

縫い終わったら、裏返して完成。

パイピングのアレンジで、既製品と見紛う仕上がりに

もう少しアレンジを加えたい方は、市販のパイピングを付けてもいいでしょう。

パインピングを付ける場合は、下の写真のように切り分ける必要があります。

短辺を縫い終わったら、パイピングテープを写真のように各辺に合わせて切り、一度置いてみます。

クッションパイピング準備2

裏返しの状態で縫う前は、こんな感じで重ねます。

クッションパイピング準備3

あとはパイピングなしバージョンと同じように縫って裏返せば、完成です。

クッションパイピング完成

オックス生地で丈夫な上、洗濯しても色落ちしません

ベビーロック・プリンティングのプリント生地は、摩擦や洗濯に強く、通常の洗濯では落ちません。

クッションカバーは、丈夫な綿オックス素材ですので、汚れたら躊躇なく洗濯してください。

また、プリントは摩擦や洗濯に強い一方、太陽光による退色には若干デリケートです。洗濯後は、乾燥機の場合は特段の注意はありませんが、外に干す場合は、裏返して陰干しがおすすめ。

オリジナルプリントクッションで、ペットへの愛情をさらに深めましょう。

『ロックミシンで作るペット写真のオーダーグッズ』/ブロードハンカチ作りのコツ

『ロックミシンで作るペット写真のオーダーグッズ』/風呂敷エコバッグ作りのコツ

関連記事

  1. 『ロックミシンで作るペット写真のオーダーグッズ』/ご注文の流れと写真選びのコツ

    2020.10.09
  2. 『ロックミシンで作るペット写真のオーダーグッズ』/ブロードハンカチ作りのコツ

    2020.10.09
  3. 『ロックミシンで作るペット写真のオーダーグッズ』/風呂敷エコバッグ作りのコツ

    2020.10.09
  4. 『ロックミシンで作るペット写真のオーダーグッズ』/天竺マスク作りのコツ

    2020.10.09

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

PAGE TOP