Loading

BLOG

P下(下晒し生地)|布プリント用語集

『P下(下晒し)』 (3)

ベビーロックプリンティングの布プリント用語集(P下/下晒し)

布のプリントサービスを提供するベビーロックプリンティングが、オリジナル布や生地をプリントする際に知っていると役に立つかもしれない用語集を作りました。


P下(下晒し)とは

P下とは、染色・プリント用に処理された、無加工・無染色の布生地のことです。

正式にはプリント下地という名前ですが、生地やプリントを扱う人たちの間では、略称の「P下(ぴーした)」と言われる場合が多いです。また、下晒しという別名もあります。

布プリントは、布の用途によってインクや布の素材を正しく選ぶ必要がありますが、P下ならほとんどのプリントに対応できます。

 

生地としての特徴

P下の特徴は帯電防止加工や樹脂加工といった、生地の機能となる加工が一切されていないことです。

また、繊維から生地を織る際には、形を整えるために糊がついていますし、織機に設置するため非常に細かい金属片が付着していたりしますが、これらは洗い落とします。

洗いの工程は、精錬といいます。

 

812a3099717af8862edccc3f37bcc71d

P下のオックスフォード生地

 

染料プリントで使う布生地は、「P下が基本」と考えてください

染料インクのインクジェットプリンターで布をプリントする染料プリントの場合、基本的にはP下の生地を選ぶことがプリントを失敗しない条件です。

P下以外の(P下かどうかわからない)布で染料プリントをすると、生地になんらかの加工があった場合、加工がインクを弾いてしまい、上手く色が出なかったりムラになったりすることがあります。

また、染料プリントは繊維の奥まで染める方法なので、染色済みの生地も、新たにプリントする色が前の色の影響を受けてしまってきれいに染まりません。

生地屋さんで購入すれば、購入の際にP下かどうか確認すれば教えてくれると思います。

※染料プリントの場合です。染色の原理が違う顔料プリントについては後述。

 

ベビーロック・プリンティングの9種類の指定生地は、もちろんすべてP下です

 

P下以外の生地もプリントできないことはないのですが…

染料プリントではP下以外はプリントできないような説明をしてきましたが、正直なところベビーロック・プリンティングでは、市販のP下かわからない生地のプリントを受けた例はたくさんあります。

最近はネットでたくさんの種類から選んで生地を安く買えるので、P下かどうかわからない(加工してあるかもしれない)けどプリントしたいというお問い合わせをかなりいただきます。

私たちは布プリントのノウハウを蓄積しているとはいえ、すべての生地の特徴を把握しているわけではありませんので、P下かどうかわからない生地をきちんとプリントできるかまでは判断できません。

ですので、そういった生地をプリントされる場合は、必ず有料のテストプリントで1m分の布をプリントしていただいてから、本番のプリントをしていただいています。

ベビーロック・プリンティングでのテストプリントについてはコチラ

テストプリントは、P下であっても初めてプリントする生地でどんな色に仕上がるか不安、という方は必ずやった方がいいです。

テストのおかげで、今までプリントの失敗はごく稀にしか発生していません。

 

顔料プリントは、P下じゃなくてもプリント可能な場合が多い

染色・プリント用の生地であるP下ですが、P下を使わなくても大丈夫なプリント方法もあります。

その代表的な例が顔料プリント

顔料プリントで使う顔料インクは、霧吹きのように吹きかけて生地に染み込ませる染料プリントのインクとは違い、インクに糊を混ぜて生地に付着させる方法でプリントします。

細かい構造は割愛しますが、例えば防水加工してある傘なんかでも、ペンキを塗りつけたらさすがに汚れてしまいます。それに近い原理でプリントするのが顔料プリントになります。

染料顔料違い

染料プリントと顔料プリントの違いのイメージ

ただし、なんにでもプリントできるから顔料がいいかというと、それは用途や表現したいデザインによって変わってきます。

具体的には、顔料は淡いグラデーションのようなプリントは苦手で、そういった繊細な柄のプリントは、染料プリントが得意としています。

また、顔料プリントは生地表面にくっついている構造上、摩擦によって色落ちしやすい傾向があります。

 

染料プリントでの布へのプリントを検討されているなら、「生地はP下」と覚えておいてください

布プリントをしようと考えている方は、布の用途に合わせて生地を選ぶと思います。

例えば、「シャツを作り方かったらオックスフォード地」、「トートバッグを作りたかったら帆布」といったような感じで。

しかし、作る際にどんなプリント方法で、どんな生地を選べば目的の布が作れるか、というところは意外に見落としがちだったりします。

プリントに向かない生地や、作ったデザインに合わないプリント方法を選んでしまって布づくりの段階から上手くいかず、途中で挫折してしまうこともあるでしょう。

 

そういった失敗を回避できるように、プリント方法とプリントされる生地の特徴はある程度覚えておくと、あなたのアイディアを実現する助けになります。

 

ベビーロック・プリンティングの9種類の指定生地は、もちろんすべてP下です

顔料プリントとは|布プリント用語集

一般の布プリントサービスでもロンドンコレクションに出展できます。

関連記事

  1. 染料プリントとは|布プリント用語集

    2019.07.19
  2. シルクスクリーンプリントとは|布プリント用語集

    2019.09.12
  3. 顔料プリントとは|布プリント用語集

    2019.07.22

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ

カテゴリー

PAGE TOP