Loading

BLOG

ベビーロック・プリンティングの使い方③(料金確認編)

料金説明

結局のところ布の印刷にはいくらかかるのか。をご紹介

こんにちは。

今回も、オリジナルのプリント布を印刷できる、ベビーロック・プリンティングの使い方について解説していきますね。

今日は、自分の画像データで布を印刷したい方、また、オリジナル布をプリントしたいと思ったことのある方なら一番気になるであろう料金についてです。

料金表だけ確認したい方は、ご利用料金ページでご確認ください。

【前々回(使い方①)(ベビーロック・プリンティングで何ができるの?編)は↓】

【前回(使い方②)(お申し込み方法編)は↓】

1、ベビーロック・プリンティングの料金の内訳をざっくり解説

当社の布プリントサービスには、大きく分けて2種類の区分があります。指定生地プリント持込生地プリントですが、これらについては冒頭に貼った前々回の記事で解説済みです。

 

この「指定生地」と「持込生地」の二つの間でかかってくる料金が少し違います。

まず『プリント料金』は、どちらにも当然かかります。1mを最小として、50㎝単位で料金が加算されます。

 

次に送料。

もちろんどちらにもかかります。基本900円ですが、遠隔地や、ご注文量が非常に多い場合は追加の送料がかかることもあります。

 

そして、『小ロットチャージ』という費用があります。
これは少量のご注文に加算される追加料金です。指定生地は4.5mまでのご注文に3,000円、持込生地は19.5mまでのご注文に5,500円の小ロットチャージが加算されます。
それ以上の長さのプリントには適用されません。

 

最後に『データ設定料』も覚えておいてください。

データ設定料は、布に印刷するインクジェットプリンターに、お客様が作ったデータを設定する料金です。

小ロットチャージ以上に耳なじみのない単語なので曖昧な印象を受けるかもしれませんが、インクジェットプリンターによる布へのデータ印刷は、単純にプリンターとパソコンをつなげれば設定できるのではなく、プリントする生地に合った縮率などを設定しないと、作ったデータと仕上がったプリント生地にサイズや発色で差が生まれてしまいます。

生地の縮率は季節ごとの外気温や水温に左右されるため、職人の経験に依存しているところがあります。デジタルプリントとは言うものの、結構アナログな感じが残っているんですね。

 

このデータ設定料が、持込生地だと 3,750円 、指定生地では1データは無料となっています。

指定生地が1データ無料なのは、指定生地は常に工場にストックしてある生地のため、ある程度職人が縮率を把握しながら作業を進められるためです。
一方、持込生地ではお客様がご用意した生地で対応がランダムになってしまうので、1データから料金をいただいています。

 

ざっくりと言いながらちょっと長くなったのでまとめますと、オリジナルの画像データでプリント生地を作る場合に必要な費用は、以下の4つです。

  • プリント料金
  • 送料
  • 小ロットチャージ(指定生地は5m未満、持込生地は20m未満の発注に加算)
  • データ設定料(指定生地の場合1データ目は無料)

 

2、プリント料金は生地の種類ごとに変動します

上に見てきたように、指定生地プリントと持込生地プリント、両方にプリント料金とは別の費用がかかることをお分かりいただけたと思います。

そして、プリント料金自体は、生地の種類によって変動します。

 

例えば、指定生地は生地代込みで、最も高い生地がポリエステルの 4,500円/m。安いのは、綿の布帛(オックスやブロード)で 4,000/mになります。

一方、持込生地は、高いのはシルクの 4,300円/m。綿や一部の化繊は 3,600円/mとなっています。

一見指定生地が高いように見えますが、持込生地は生地代が含まれていないことが考慮されています。

各生地の個別料金は、ご利用料金ページでご確認ください。

 

 

3、ちょっと料金をシミュレーションしてみましょう

まず指定生地の綿オックス生地に1mプリントすると仮定します。

812a3099717af8862edccc3f37bcc71d

1メートルの綿オックスの指定生地にプリントするという仮定です。

内訳は2で見てきたように、

  • プリント料 4,000円 1m
  • 小ロットチャージ 3,000円
  • データ設定料 なし(指定生地は1データは無料)
  • 送料 900円
  • 消費税

= 合計 8,532 円

指定生地、綿オックス1mのプリント料金は、8,532円です。

 

次に持込生地で、ポリエステルサテン素材を1mプリントした場合の料金を出します。

42f83d8bc5249f91cfe0c1cd8b9a559e_s

サテンのイメージ画像です。5メートル持ち込んだ場合。

内訳は以下です。

  • プリント料 3,800円 × 1m
  • 小ロットチャージ 5,500円
  • データ設定料 3,750円
  • 送料 900円
  • 消費税

= 合計 13,950円

持込生地、ポリエステルサテン5mのプリント料金は、13,950円です。

持込生地の場合、生地代はお客様にご用意いただくので、オリジナル生地をプリントしようとするとさらに費用がかかります。

 

料金のシミュレーションをしてみてどんな印象を受けるでしょうか。

どうしても持込生地だと割高に見えてしまいますが、指定生地で綿とポリエステルの生地を9種類ご用意しているので、持込プリントを検討されている方も一度指定生地をご覧になっていただくといいかもしれません。

 

4、料金はお客様ごとに異なります

最後に、お客様の属性に基づく料金変動について説明します。

基本的にベビーロック・プリンティングでは、ご利用料金ページの表にある料金で、会員登録などをしていただかなくてもご利用いただけます。

しかし、お客様の利用状況にあった料金でサービスを提供したいという観点から、お客様の属性によって料金を分けています。

例えば、累積のご発注量が50mを超えたお客様には法人料金を適用したり、作品を販売されている個人作家さんには、2回目以降にリピーター料金を設けています。

また、学生のお客様には、学割料金もご用意しています。

 

当社が受付時に気が付けば属性に応じた料金で見積もりいたしますが、万が一気が付けなかった場合は是非言っていただければと思います。

 

ご利用料金は、指定生地と持込生地で料金差があります

持込生地をご検討の方も、一度指定生地で代用可能か検討していただくといいと思います。

また逆に、指定生地で希望の生地がない場合は、持込の布を用意できないかご検討いただき、探す当てがない場合は、お気軽に当社まで問い合わせてください。

お客様が希望しているプリント布を作ることができるかどうか、一緒に考えさせていただきます。

ベビーロック・プリンティングの使い方②(申し込み編)

ベビーロック・プリンティングの使い方①-③(まとめ編)

関連記事

  1. クリエイターや企業の方の、布プリントに関する来社相談を承っております。

    2019.07.02
  2. Photoshopを少々使えれば、簡単にオリジナルパターンを作れます。

    2019.06.19
  3. テストプリント(持込生地のみ)をご利用いただけます

    2019.05.30
  4. ベビーロック・プリンティングの使い方①-③(まとめ編)

    2019.05.24
  5. パターンバンク(英語サイト)を知っていますか?

    2019.10.10
  6. プリント生地どう使う? イベント・お外編

    2019.10.07

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ

カテゴリー

PAGE TOP