Loading

BLOG

パターンバンク(英語サイト)を知っていますか?

一流ブランドも利用する、 パターン販売サイト “pattern bank”

パターンを売っている海外サイト“Patter bank(パターンバンク)”

弊社サービスは、お客様が作ったパターン(柄)を生地にプリントするサービスですが、プリント生地を使って何かを作るという最終目的が同じでも、嗜好が異なるサービスがたくさんあります。

例えば、ユーザー自身が紙に書いた絵を生地プリント用のパターンデータに直してくれるサービスや、スマホで写真を撮って送信したデータで生地にプリントしてくれるサービスなどがその代表例です。
これらはどれも、ユーザーにオリジナルの生地を作る喜びを味わってほしい、またはオリジナルの生地を作る楽しみをすでに知っているユーザーに利便性を感じてもらいたいという発想がサービスになった例だと思います。

家具に使う布や服を作るための布を、オリジナルの生地で作れたら嬉しいですよね。

ですが、オリジナルの布を作る際に障害になるのが、パターンデータを自分で作らなくてはならない点。
カッコいいデザインのオリジナルの生地がほしいと思っても、データ作成には、一定以上の技術と道具(アプリやソフト)が必要で、パターンを作ろうと思った時点で挫折してしまう方も多いと思います。

そういう時に頼りになるのがPattern bank(パターンバンク)です。 ※クリックでサイトへジャンプします。

豊富な種類から購入したいデザインを選び、自由に使用できるパターンバンク

パターンバンクはイギリスのWebサイトです。
現在は英語にしか対応していませんので一部の方しか内容を把握できないかもしれませんが、面白いサービスなので紹介させてください。

パターンバンクを一言でいうと、見出しの通り、たくさんの種類からパターンを購入できて、しかも自由に使えるサイトです。
弊社ベビーロックプリンティングが、パターンを大きな布にプリントするという作業を売っているのに対して、パターンバンクはその前段の、デザインを売ってデザイン製作の作業をしていると言い換えられるでしょうか。

商用目的でのデザインの使用が可能

パターンバンクで売っているデザインは、すべて有料です。
数千円から、高くて3万円ほどで1デザインを購入できます。

そして、購入したパターンでプリント布を作り、そのプリント布を使って製作した服や雑貨を販売することもできます。

購入額によってパターン使用の権利に違いがあるのですが、例えば、あるユーザーが購入すると、そのパターンが他のユーザーには使えなくなる権利が40ポンド(5000円ちょっと)。
500個まで販売できる権利が70ポンド(9000円ちょっと)。個数制限なしで販売できるのが100ポンド(1万3000円ほど)という風に、段階的に価格が変わります。

プロのデザイナーが製作するトレンドを反映したパターン

パターンバンクの強みはやはりデザインクオリティが非常に高い点。
一般の個人ユーザーがデザインを購入できる一方、有名なアパレル企業やスポーツメーカーを顧客に抱えているほどです。

世界各地で年2回のファッションウィークが開催されるのに合わせて、そのシーズンのトレンドパターンをピックアップし、毎シーズン独自のコンセプトに落とし込んでいます。

そのため飽きの来ない無数のパターンがラインナップされており、常に世界中の顧客を満足させています。

パターン制作は外注した上での、オリジナル生地作り

いかがでしょうか。

デザインは苦手という方も、こういったサイトを使うことで、自分だけのオリジナル生地を作ることができます。

日本のサイトでは、まだここまでの機能とクオリティを備えたサイトを見つけられていませんが、同じようなサービスが出てくると、もっとハンドメイドを楽しむ人が増えるかもしれませんね。

また面白いサイトを見つけたらご報告します。

プリント生地どう使う? イベント・お外編

マス見本|布プリント用語集~カラーテストはマス見本で~

関連記事

  1. 10月に料金を改定したので、改めて説明いたします。

    2019.10.28
  2. マス見本|布プリント用語集~カラーテストはマス見本で~

    2019.10.18
  3. ベビーロック・プリンティングの使い方①-③(まとめ編)

    2019.05.24
  4. 持込生地ならあなたの好きな生地を選んでプリントできますが、制約もあります。

    2019.06.13
  5. ベビーロック・プリンティングの使い方①(何ができるの?編)

    2019.05.21
  6. 生地プリントのアレコレ ~黒地生地へのプリント~

    2019.02.14

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ

カテゴリー

PAGE TOP